★5月27日(土)橋の下世界音楽祭に出演決定!!
★7月29日(土)国立オリンピック記念青少年総合センター
★8月12日(日) 第2回浅草倍音フェス!@浅草木馬亭
★8月14日~22日 【祝!初海外遠征!】ランジョンアートフェスティバル@インドネシアに参加!!
唸る倍音侍!! 響け倍音節!! 日本の倍音界の夜明けを駆け抜けた二人が満を持して結成!! その名も神響王!! 宇宙へ誘う珠玉のLIVE盤!!
ご購入はこちら

唸る倍音侍!! 響け倍音節!!
ダブルオープンチューニングギター&ホーメイ弾き語りユニット
その名も神響王!
 
 
幾重にも重なる倍音の共鳴が
時に激しく… 時に懐かしく…
あなたを倍音宇宙へとご招待仕る!!!

喉歌・ホーメイ歌手、倍音楽家、虚無僧尺八奏者(法竹)
12歳より独学でギターを弾き始め音楽活動を開始。
60’s~70’sのロック・ソウル・ブルース、などに影響を受ける。
1999年に倍音をテーマにしたユニット倍音S結成。
2004年10月に倍音Sを脱退。様々なユニットを経てSOLO活動を開始
2008年岡山守治(のちに東家孝太郎)と倍音デュオ神響王(カムヒビキング)結成。
日本の言葉と喉歌を中心とした弾き語りや、竹の節を抜いただけの自然音豊かな
虚無僧尺八の吹禅を中心に活動中。
 

大学在学中、関西インディーズシーンにてバンド活動する。へヴィメタルからサイケデリック、プログレッシブロック、ノイズミュージック等へと変遷した後、倍音の響きの豊かな世界の民族音楽、特に中央アジアの倍音唱法と、世界中に見られる倍音楽器「口琴」に魅せられる。独自にモンゴルのホーミーを習得した後、1998年にトゥバ共和国の倍音唱法「ホーメイ」と出会う。個人レッスンやワークショップ等を通してホーメイを習得。2000年には南インドはケララ州にて南インド古典音楽におけるカルナーティックスタイルの口琴(モルシャンク)を習得。以後ホーメイと口琴を軸として、民族音楽シーンにて、これまでに「倍音s」「Alaya Vijyana」「SUARA SANA」、自身のオーガナイズによる「口琴オーケストラ」等、数々のバンドにて活動。全国ツアー、異ジャンルコラボレーション、CD音源制作、ワークショップでの後進の育成、本国トゥバや日本でのコンテストでの受賞、フジロックやAPバンク等ビックフェスへの出場、テレビ出演、映画、ゲームでの音源参加など、多岐にわたる活動を展開。08年青山雅明と「神響王(カムヒビKING)」結成。ホーメイと日本語の響き、「和」の倍音を意識するようになり、倍音唱法と良く似た発声の日本の浪曲に魅せられる。二代目東家浦太郎の読売カルチャースクール「浪曲入門」に通うようになり、20115月弟子入りを決意。浦太郎一門に入門。20123、浪曲師東家孝太郎としてデビュー。修行期間を経て201511月浅草木馬亭にて年明披露興行を行い師の元より一本立ちする。2017年4月第3回日本ホーメイコンテストにて浪曲の虎造節とホーメイの融合ネタを披露し最優秀賞を貰う。お家芸ネタから、これまで培ったホーメイや口琴入りの浪曲も持ちネタに、唯一、民族音楽出身のミュージシャンも出来る浪曲師として奮闘中。

http://blog.goo.ne.jp/azumayakoutarou

第二回浅草倍音フェス!

baion2

「第二回 浅草倍音フェス!」

〜納涼!倍音で暑さをぶっ飛ばせ!〜

◯8月12日(土)

出演

浪曲:東家孝太郎(曲師:水乃金魚)

唄 口琴: 知久寿焼

ホーメイ: カムヒビKING (東家孝太郎&青山雅明)

場所:浅草木馬亭   東京都台東区浅草2-7-5
Tel&Fax  03-3844-6293
地下鉄銀座線・都営浅草線
[浅草駅]下車徒歩8分
つくばエクスプレス[浅草駅]下車徒歩3分http://mokubatei.art.coocan.jp/access1.html

開場:12時半 開演:13時

木戸銭:前売り3000円 当日3500円

予約:090-3888-3226(孝太郎)

 Mail:azumayakoutarou☆gmail.com(☆を@に変換してください)

 

 

東家孝太郎プロフィール

関西インディーズシーンにてバンド活動を経た後、トゥバ共和国のホーメイや南インドの口琴に出会い倍音楽家に転向。倍音s、alayavijana、suarasana、口琴オーケストラなどのバンド活動を経た後、ホーメイと発声の似ている日本の浪曲にハマり、2011年二代目東家浦太郎に入門。2015年、年季明け。2017年第三回日本ホーメイコンテストにおいて浪曲とホーメイを融合させたパフォーマンスで優勝。日本で唯一、民族音楽出身の浪曲師として奮闘中。http://blog.goo.ne.jp/azumayakoutarou  

 

水乃金魚(曲師)プロフィール

東京都江戸川区出身。長唄三味線を経て平成11年浪曲三味線教室入門。平成13年 伊丹秀敏門下。平成23年日本浪曲協会入会。NHKテレビ東西浪曲特選、ラジオ浪曲十八番などに出演中。

【特別ゲスト】知久寿焼(ちく としあき)プロフィール

ギター、ウクレレ弾き語り。地味なテンポでさびしい歌ばかりうたう。1965年2月10日埼玉県川口市生まれ。2003年バンド「たま」解散。へっぽこオーケストラバンド「パスカルズ」ウクレレ、口琴担当。 http://www.officek.jp/chiku/

 

カムヒビKINGプロフィール

2008年結成。東家孝太郎と青山雅明によるホーメイ弾き語りデュオ。中央アジアはトゥバ協和国に伝わる倍音唱法「ホーメイ」と一風変わった日本語詩によるオリジナル楽曲を歌う。俗に一人二重歌唱法とも呼ばれるホーメイは、同時に二つないし三つの倍音を同時に発声する。このホーメイの二人の和声によって倍音曼荼羅とでもいうべき倍音の多重コーラスによる響きを醸し出す。基本POP正味ROCK。オルタナ経由、プログレ嗜好。インドで修行してトゥバでは羊を食らう。ビジュアルは倍音武士。唄は倍音節。http://kamuhibiking.com/

 

青山雅明プロフィール

喉歌・ホーメイ歌手、倍音楽家、虚無僧尺八奏者(法竹)12歳より独学でギターを弾き始め音楽活動を開始。60’s~70’sのロック・ソウル・ブルース、などに影響を受ける。1999年に倍音をテーマにしたユニット倍音S結成。2004年10月に倍音Sを脱退。様々なユニットを経てSOLO活動を開始。2008年東家孝太郎と倍音デュオ神響王(カムヒビキング)結成。日本の言葉と喉歌を中心とした弾き語りや、竹の節を抜いただけの自然音豊かな虚無僧尺八の吹禅を中心に活動中。http://aoyamamasaaki.com/

 

 

 

橋の下世界音楽祭

★2017年5月27日(土)橋の下世界音楽祭 

橋の下世界音楽祭にカムヒビKING出演決定!

KAMOS、東家孝太郎、原爆オナニーズ!知久寿焼、OKI DUB BAND、切腹ピストルズ、ボグリ坊主、友川カズキ、T字路s、鎮座DOPENESS、快楽亭ブラック!他にも物凄いメンツです。

場所 豊田市 豊田大橋 橋の下

午前10時開場 午後20時終演 

(※カムヒビキングは16時50分から17時20分出演予定)

(※東家孝太郎は13時40分出演予定)

入場無料(投げ銭制)

 

 

 

子供と舞台芸術 出会いのフォーラム2017

★2017年7月29日(土) 不思議な音体感ライブ!!

子供と舞台芸術 出会いのフォーラム2017に出演決定!

場所 国立オリンピック記念青少年総合センター 中練習室43

会場12時30分 開演13時 終演14時30分

参加費2500円

場所 小田急線「参宮橋」徒歩7分 国立オリンピック記念青少年総合センター

ご予約お問い合わせは 03-3732-0758(荒川) またはkamuhibiking@gmail.com

レーベル:Kamunagala music
品番:KMN-001 JAN:4582237818840 フォーマット:CD
2010.3.05発売
ご購入はこちら
唸る倍音侍 !! 響け倍音節!! 日本の倍音界の夜明けを駆け抜けた二人が満を持して結成!! その名も神響王!! 宇宙へ誘う珠玉のLIVE盤!!
90年前後から勃興してきた民俗音楽シーンの中でもリスナー、プレイヤー共に急増したのが倍音を特に強調したサウンドであった。
中央アジアに見られ、一人二重唱法とも呼ばれるホーメイやホーミーなどの倍音唱法。ユーラシア大陸全般に見られる鉄や竹で出来た倍音楽器、口琴。 世界最古の木管楽器と呼ばれるオーストラリアのアボリジニのディジュリドゥ。

などなど、これらの倍音成分を多分に含んだ生の人間の身体から発せられる倍音サウンドは、電子的なシンセの倍音成分とは明らかに違うリアルな何かをアフターレイブ世代に突きつけ、まさに新世代のクロスオーバーミュージックの数々を産み出した。 しかし時代は巡る。音楽の消費性はそのカルチャーを洗練し、今また新たな回顧の潮流が押し寄せる。

一体、倍音楽シーンはどこへ向かうのか?
その答えのひとつをこのライブアルバムに見ることは決して間違いではないであろう。 当時そのシーンのフォロワーを雨後の竹の子の如く輩出してきたバンド「倍音s」の元メンバー青山雅明、岡山守治の2名によるユニット「カムヒビKING」。
その純正な響き、あくまでもPOPさ加減を残す楽曲、新たな方向性と自身の肉体に宿す血を感じさせるスタイル「倍音節」。 どこを切り取ってみても伝統と前衛は表裏一体であることを思い出させてくれるだろう。
Name (required)

E-mail (required)

Subject

Message

Copyright © 2016 カムヒビKING All Rights Reserved.